説明書

ご注意ください
今回の弾速計は計測用のパイプを横に広げたため、横方向に斜めに撃ち込んだ場合誤差が出ます。


黄色と緑の長さの違い分の誤差が必ず出ます。
撃ち込み角度に限界があるので問題にならないほどだとは思いますが、なるべく真っ直ぐ撃ち込んでください。

電源はモバイルバッテリーを使用します
電池は内蔵されていません、モバイルバッテリーを外部接続してください
microUSBのタイプなら何でも大丈夫ですが、特殊な形で計測パイプにかかるような物は使用できません。


赤いボタンがスリープボタンです。誤作動しにくいように約2秒押し続けないとスイッチが入らないようになっています。
通常はバッテリーのコードをつなぐと自動でONになります。
最終の操作や計測から約2分で自動的にスリープに入ります、赤いボタンを長押しでもスリープさせられます
スリプ動作が不要な場合は設定でスリープをさせないようにすることができます
電源コードを抜くと履歴が消えてしまいます

赤いボタンを短く押すと各種設定の切替になります
通常画面→BB弾の重さ設定→スピード調整→初期化しますか?→スリープを使いますか?→通常画面…
の順番で切り替わります、各画面では上下ボタンを使って設定してください、終われば通常画面に戻ってください

通常画面で上下ボタンを操作すると履歴をスクロールさせられます、上が新しくて下に行くごとに古い値になります



弾速とサイクルを測るとき
1 電源が入るとこの画面になります。
2 弾を撃ち込みます。
3 初速とジュールとサイクルが自動で表示され、履歴が更新されます。
4 続けて計測したい場合はそのまま撃ち込んでください。
5 履歴を確認したいときは、上下のボタンでスクロールさせられます。


BB弾の重さを設定する
1 赤いボタンを1回押すとこの画面になります。
2 上下ボタンでBB弾の重さを入力してください
3 変更されるたびにジュールが再計算されて表示されます
4 この画面でも初速測定は可能ですが、サイクルは履歴にしか表示されません
5 最後は赤いボタンを数回押して通常画面に戻ってください


センサー間の距離を設定する
1 赤いボタンを2回押すとこの画面になります。
2 上下ボタンでセンサー間の距離を入力してください
3 変更されるたびに初速が再計算されて表示されます
4 この画面でも初速測定は可能ですが、サイクルは履歴にしか表示されません
5 最後は赤いボタンを数回押して通常画面に戻ってください

基本的には設定する必要のない項目なので、使い方が分からない時はむやみに触らないでください。過去LCD弾速計で一番多い質問がこの機構の使い方でした。
上記の説明で分からないという場合、こちらに質問をされても上の5項目をお答えするだけで、それ以上の事を書く事はありません。


設定値を初期化する
元の設定値が分からなくなった場合は、ここで(Yes)を選択すれば出荷状態に戻せます
(No)を選択すると、赤いボタンを押した場合と同じく、次の設定項目に移行します


スリープを無効化(有効化)する
スリープが必要ない場合は(No)を選択してください、必要な場合は(Yes)です
この設定は電源を抜いた後でも保持されます



使用方法は側面の穴に撃ち込むだけです。
基本的には何の操作も必要なしに計測が行えるように作ってあります。

カメラ用の三脚が使用できるように底にナットが仕込んでありますのでお使いください。



おまけ、防弾幕の作り方
防弾用CD このPDFを原寸でプリントアウトして、いらないCDやDVD等に指示通りの穴をあけてください
あくまでも本体のダメージ軽減策ですので万能ではありません
 


おまけで付属する銃口に固定できるバレルガイドです。写真のようにセンサー穴に突き刺せば固定されます
銃身へは輪ゴムなどで固定してください
固定が弱いようなら輪ゴムの数を増やすなどしてみてください

3Dプリンターの出力そのままですのでバリなどが残っていますが、おまけですのでご容赦ください
 
    注意
屋外で計測する時は太陽を背にして、センサーに外光が入り込まないように計測してください。
室内でもスポットライトのような強い光は同様にエラーの原因になります。

以上が操作方法です。説明で分からないことがあればメールで聞いてください。
今回新しいプログラムということで、かなりしつこくテストをしていますが、
もし不具合等が発見されたら購入された時期にかかわらずいつでも出し惜しみせず言って下さい。
但し昨今のエアーガン業界の状況により、明らかな違法改造銃の初速が測れない等の申し出はお断りします。
あくまで玩具用です。
また要望や意見は以降の開発の参考になりますのでガンガン言ってきてくださいね。

今回はありがとうございました。